スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
甘味料なしで。我が家のあんこ。と、おやつについて考えること。
          あんこ2

我が家のあんこ、基本的に甘味料は入れずに作ります。

お友達のうちに持っていく和菓子などを作るときには、てんさい糖や米飴を
使用することもあります。

が、我が家のムスメ達はまだ小さいので、あまり強い甘みに慣れて欲しくないな
と考えています。
それに私自身、ドライフルーツだけで作るあんこの方が穏やかな甘みで、
むしろおいしく感じるのです。

マクロでは小豆+レーズンが割とメジャーな?
組み合わせですけれど、レーズンの酸味が効いて、普通のあんことは
ちょっと違うと感じることも・・・(あくまで個人的な意見です)

なので、私の場合は小豆には干し柿、が定番です。
これなら甘みだけが上手に出て、干し柿自身が主張しすぎることもなく、
とても美味しく仕上がると思います。

ありがたいことに、うちでは毎年お正月明けに、おばから無農薬の柿で作る
干し柿を大量に分けてもらえるので、それを使います。

それがなくなると、デーツ(なつめやし)を購入しますが、こちらもドライフルーツ
だけとは思えない甘みで美味しい

普通のあんこに比べると出来上がりはちょっとモロモロとした感じで
お菓子作りなどには使いにくいと感じることも。
そんな場合は、仕上げに米飴を少しだけ足すと滑らかに仕上がります。

あんこ1あんこはパンに塗っても美味しい♪

・・・ここからは、私のおやつについての独り言、です。
お時間があればお付き合いくださいね。

普段のおやつを作るときに一番に考えること。

それは、『甘味料(てんさい糖・メープルシロップなども)を
なるべく使わずに自然の甘味を利用できないかしら??』

お友達の家に持っていくお菓子や、『ハレ』の日のスイーツ作りにはもちろん甘味料を
使用することもあります

だから、絶対に甘味料を使わない、ということでは全然ないです。

けれど、毎日食べる『ケ』のおやつなら、ドライフルーツや100%果汁のジュース、野菜の
自然な甘みを利用したもので十分美味しいですし、
やっぱり穏やかな甘みは体にも優しいです。
 
幸いムスメ達も(今のところは)私の作った素朴おやつを喜んで食べてくれています。
とはいえ、もう五歳なので、市販のお菓子の味も知っています。

うちでは食べられないようなお菓子がお友達のうちで出てくると、
目の色を変えてがっつく姿に恥ずかしい思いをすることも多々ありますが・・・

これからますます大きくなって外の物を食べる機会もどんどん増えてきます。
ですから、彼女達のベースになる食事やおやつの味(舌)を、いまのうちに
きちんと作ってあげたいなぁと思うのです。
 
私の独り言、なんだか長くなりました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(つくりやすい分量)

小豆   1カップ
昆布   一枚
(切手大のもの)
干し柿  120~150g

自然塩   二つまみ

作り方

1.小豆は洗って、三倍量の水と昆布とともに圧力鍋に入れる。
 強火にかけて圧力がかかったら火を弱めて10~15分、
 火を止めて自然に圧が抜けたら蓋を開け柔らかさを確認する。
 
2.レーズン大に切った干し柿を1.に入れて再び火にかける。
 干し柿が柔らかくなり味がなじんだら自然塩を入れて
 ひと混ぜし、火を止める。
  
ポイント
 
・出来上がり直後よりも、自然に冷めて翌日くらいになると
 味がなじんで甘さもちょうど良いと感じます。
 自然塩を入れることで、甘さを引き立てます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:8   trackback:0
[甘味料不使用・素朴なおやつ
comment
こんにちは ^^
干し柿を使ったあんこは初めてみるレシピですが、
とてもおいしそうです。
それにおばさまから無農薬の干し柿をいただけるなら、
使わない手はないですよね~
お子様への舌の基盤を作られる取り組みと、
心づかいはお子様への愛情あってならではですよね。
安価で気軽におやつが買えてしまう時代だからこそ、
素材本来の味を知っていて欲しいですよね。
でも私は思います。やっぱり行き着くところは、
母の味ですよ。きっとお子様達が大きくなっても、
お母さんあれ作って~って言ってくれると思います ^^
2009/04/05 15:14 | URL | edit posted by Tamako
こんにちは

小豆と干し柿って合いそうですね。
デーツを使ったあんこは見たことがあります。
干し柿ってもう時期を過ぎちゃいましたよね。
デーツ買ってみようかな。

うちは甜菜糖を使っています。
あんこを作るときは小豆の味がしっかりしていて甘いあんこを作ります。
(それでも市販品より甘くないあんこになります。)
beanpasteさんがおっしゃるようにハレの日のお菓子は甘くても良いと私は思っています。
お砂糖入りの甘さ控えめを沢山食べるより甘~いお菓子を1ついただいて満足の方が砂糖の摂取量も少なくてすみそうです。
で、ケの日は自然な甘味。
メリハリが利いて良いですね。


2009/04/05 21:37 | URL | edit posted by Levi
Tamakoさんへ
嬉しいコメントありがとうございます!
一歩外に出ればいとも簡単に手軽にお菓子やお惣菜などが買える時代、
『母の味』をどう刷り込んでいくか(笑)試行錯誤の日々です。
がんばるぞ~♪
2009/04/06 06:10 | URL | edit posted by beanpaste
Leviさんへ
小豆と干し柿は本当に相性ぴったり。
いくつかのドライフルーツを試しましたが、私の中ではベストな
組み合わせでした!
デーツも合いますよ♪
皮が厚めのフルーツで、種類によっては皮が下に残るのが気になることもあります。
なるべく小さく刻んで混ぜ込むのが良いかもしれません。

しっかり甘いお菓子を一つ食べるほうが、結果的に体に優しい、というのはまさにおっしゃるとおりです!
いくらノンシュガーで健康的なおやつでも結局食べすぎは体に負担になりますものね・・・
そうやって反省することも多々ありますe-441
2009/04/06 06:16 | URL | edit posted by beanpaste
おいしそう~!
こんにちは~^^
干し柿と小豆ってとても自然な甘みで良さそうですね~!
私もなるべくだったら子供には甘いお菓子を食べさせたくないって思っている派です^^

だから、基本的にはおやつの時間にお菓子をあげるということはしないで、果物とか焼き芋とかが主流だったんですが、
レシピブログを始めるようになって、今まで作らなかったお菓子を作るようになって、甘いものはあげないようにしているのですが、時々少しあげたりして私自身もこれじゃあいけないなぁって思ってたんです。
beanpasteさんみたいにドライフルーツとか野菜の甘みのおやつ!私も目指したいです☆
昔のおやつみたいな素朴なのが一番子供の心にも体にも良さそうですよね!

2009/04/06 11:47 | URL | edit posted by kovege
kovegeさんへ
おやつの与え方って本当に難しいですよね。
私もムスメが幼稚園に通うようになってから、ますますその悩みは深くなっています。。
お互いに自分の子にとってどういう風にするのが良いか、試行錯誤しつつ
納得いく方向に向かえたらよいですね♪
2009/04/07 06:40 | URL | edit posted by beanpaste
ちょうど今度甘味料なしであんこを作りたいと思っていたところでした。でもレーズンだと酸味が出てちょっと違うあんこになってしまうんですね。
でも、干し柿だと酸味もないし癖もないから甘味だけもらって美味しいあんこができそうですね!グットアイディア!!
2009/04/07 23:20 | URL | edit posted by ハッピー
リンクの件
もしいよろしかったら相互リンクさせていただきたいと思うのですがどうでしょうか??
ごめいわくでなかったらよろしくおねがいします!
2009/04/07 23:22 | URL | edit posted by ハッピー
comment posting














 

trackback URL
http://qnkitchen.blog23.fc2.com/tb.php/45-00b5e882
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。