スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
子どもの発熱。お手当てとホメオパシー
一昨日の夕方からムスメSが発熱しました。
Sのクラスで咳・熱の症状の風邪がはやっているらしく、4~5人のお友達がお休み中
なのです。

それから、年度末ということで幼稚園でのイベントが続いていました。
そういうときにはちょっとした食べ物が出るのですが、普通の幼稚園ですから
当然マクロでないおやつが出るわけで。。
普段外のお菓子を口にしないので、その刺激的なお味に慣れていないSは
体に反応がでてしまいがちなのです。
(発熱・体のかゆみ等等・・・)

今回の彼女の症状は咳(乾いた咳、しかも深め)と顔が赤く、熱が38度前後。
夕方急にぐったりとして、「お粥がいい」というので
慌ててお粥を炊きました。

リクエストの通りねぎと梅干しのお粥。
それからりんごの葛練り。
そしてホメオパシーのレメディはとりあえずTS19とアコナイト。

夜になり、熱が38.5度まで上昇。
インフルエンザかも?という不安がよぎり、(今冬、インフルエンザ予防のレメディは
すでに摂っており、学級閉鎖になった時期も罹らずに乗り越えましたが)
RXインフルとTS34、ベラドーナ、咳が出て喉が痛いというのでブライオニアも口の中へ。
キャベツを頭にのせて再び就寝。

朝には37度台まで下がり、元気になりつつありましたが空咳がひどいので、
レンコン湯を朝と昼に。

昼寝の後、夕方再び熱が上がり、計ると38.6度・・・
おかゆとすりおろしりんごを食べ、ベラドーナとブライオニア、TS34を摂って就寝。
夜中にかけて39.5度まで上がり、途中汗をかいてうなされて数回起きましたが
そのたびにレメディをリピート。

以前はちょっと熱が出ただけで「病院に行かなくちゃ」と慌てたものですが、
ホメオパシーやマクロに出会ってからは、まずは家でできるお手当てをして、
レメディを試しているうちに体の不調が改善されるので、自然と病院に行く
回数も減りました。

もちろん、症状によってはお医者様の判断が必要なときもあるので
全てが家で解決できるとは思っていません。
けれど、薬で無理やり抑えるのではなく、
自然治癒力を上手に引き出し、体内の毒を出して治すこと。
すごく大切だなぁと思います。

ホメオパシーもマクロのお手当てもまだまだ勉強中です。
周りのアドバイスを参考に、試行錯誤しつつ学んでいきたいなぁ。
 
さて。
今朝は一応平熱に戻りました。ホッ・・・
喉がまだ痛みがあるので、エイピスを摂り、再び布団に入ったS。
今日はどうなることやら。。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:0   trackback:0
[お手当て・ホメオパシー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://qnkitchen.blog23.fc2.com/tb.php/30-bd5badbf
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。