スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
さつま×松の実の秋色サラダ・しょうが甘酒ドレッシングかけ。
先週から患っている副鼻腔炎、徐々に快方に向かっています。

先日の記事にも載せた、「肺のスペシャルスープ」が少しずつ効いて
きているのかな?という感じ。
ホメオパシーもいくつかヒットしているかも、という手ごたえが。

まだ完治までは数日かかりそうですが、このまま良い方向に向かいますように。

優しいお見舞いコメントを下さった皆さん、ありがとうございます!
数日中にはお返事&遊びに伺います、もう少しお待ちください~。

          さつま松の実サラダ・別の日1

実家から送られてくる野菜箱の中には、この季節になるとたいてい焼き芋が
お目見えします。

これ、実家で収穫したさつま芋を、七厘&炭火で半日近くもじーっくりと焼いて
いるのです。
紅東と安納芋という品種ですが、前者はこのあたりで出回っている一般的なもの。
後者は九州で主に栽培されている、寸胴で太っちょで、中身が黄色いお芋です。

どちらの焼き芋も、その甘いことと言ったら
手前味噌ですが、本当に感動モノの美味しさなのです。

自然食品店では、真空パックで小ぶりのものが二個入りでびっくりするような
値段で売られていることがありますが、それをはるかに超える味だと確信して
おります

さつま松の実サラダ・別の日2焼き芋を狙う手が・・・

さて、その焼き芋が届くと毎日おやつにデザートに夜食に・・・と、毎日毎日
飽きることなくいただきますが、今回はそれをサラダにトッピングしました。

マクロでは盛夏でもない限り、体を冷やすという理由で、野菜を生で摂ることを
勧めていません。

ですが私はローフードの考え方に則って、消化酵素の働きを補う意味で生野菜や
フルーツを食前に意識して摂るようにしています。
生のものをいただいてから加熱食をお腹に入れることで、食後の胃腸への負担が
より軽くなるように感じます。

このサラダはローから見れば邪道ですね~。
でも生野菜だけよりも味も陰陽もバランスが良いので、私はナッツや温野菜と
組み合わせることが多いです。
サラダにする生野菜はそのときにあるものやお好みのもので、何でも。

       さつまいもと松の実の、秋サラダ
       丼ではありません、一応カフェオレボウル。。

これは上の二枚の写真とは別の日に食べたものですが、お芋は控え目。
個人的には、大ぶりなお芋がごろんごろんとたくさん入っているほうが好みです・・・

これに しょうが甘酒ドレッシングが、また合うんです。
さつま芋としょうがって、本当に良いコンビ。
このドレッシング、ノンオイルで、混ぜるだけでとーっても簡単に作れて、
日持ちもするので、最近冷蔵庫に常にスタンバイしています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料

好みの生野菜   お好きなだけ
※私は今の時期ならキャベツ・チンゲン菜・人参(の葉)・大根(の葉)・玉ねぎ等。
冷蔵庫と相談しつつ好みのものを。

松の実・焼き芋        適量  ※松の実はくるみ・ピーナッツ等でも。
しょうが甘酒ドレッシング   適量  ※または好みのドレッシング 

作り方

1.生野菜は食べやすく切り皿に盛る。さっと炒った松の実・角切りにした
 焼き芋を散らし、ドレッシングを回しかける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


秋のお楽しみ。もうひとつ。 

          栗あずきの炊き込みご飯

秋といえば、やっぱり栗ごはん!
今年もオットの実家から、放りっぱなし・無農薬の栗が届いたので、
早速炊き込みました。

小豆との色合いがまた秋らしくて好き。
もち米を少し入れたので、もっちもちのおこわ風になりました。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:0   trackback:0
[甘酒レシピ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://qnkitchen.blog23.fc2.com/tb.php/165-58998ed0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。