スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
手前味噌作り。玄米味噌&麦味噌。
4月初め、ずっとやらなくちゃ~と思っていた味噌仕込みをしました。
本当は寒仕込み(1-3月位)の方が雑菌等が入り込む心配が少ないので良い
ようなのですが、麹と大豆があれば年中仕込みは可能です。

味噌作り・麹二種の塩切り

まずは生麹が届いたら早速塩切り。
手前が麦麹、奥が玄米麹。
触ってみると、麦のほうが塊や粒が大きく、玄米の方はさらりとしています。
今回は麹と豆は各一升ずつ。
それに対して塩切りの自然塩は600グラム。
100gは仕上げ用に残しました。
こうしておけば、常温で4-5日は保存可能。
味噌作りに取り掛かる間数日間リビングの隅に置いていたのですが、麹の
良い香りが漂って、ムスメ達、何度も蓋を開けては「米飴の香りだ~」と
くんくん。
本当に、生きている麹は良い香りです♪

味噌作り・大豆を煮る

たっぷりの水に一晩つけておいた大豆を煮ます。

朝から我が家の圧力鍋・土鍋・ステン鍋を三台フル回転×2・・・
早くそして柔らかく煮えるのはやはり圧力鍋が圧勝!でした。
なので結局他の鍋の大豆を圧力鍋に移し変えて煮なおしたりして。

味噌作り・足で大豆踏み

大豆を熱いうちに厚手のビニール袋に入れて、ムスメRと一緒に踏んで踏んで…
しっかり煮たつもりでも、中には固い豆が混じっていて、均一に潰すのに
苦労しました。

味噌作り・味噌玉投げ入れ

豆がつぶれたら、塩切りした麹と混ぜて、耳たぶほどの固さになるよう煮汁で
調節し、味噌玉を作り、かめの中に投げ入れます。

味噌作り・玄米味噌仕込み終了

仕上げに、残しておいた自然塩を上にふりかけて、仕込みは完了。
こちらは、麦味噌の方。
仕上がりは約5キロ。

ここまで、あさ7時からお昼近くまでかかりました。
朝ごはんの支度やら家事の合間にやったので、集中してやればもう少し時間短縮
できたかな。

麦味噌仕込み完了

こちらは玄米味噌。

これまでは実家で母と一緒に仕込んだことはあっても、自宅で仕込みをしたのは
初めてでした。
狭いマンション内に置き場を確保するのは難しいかも、と躊躇していましたが、
やってしまえばなんとかなるものです!

ちなみに、今回の麹は鈴木こうじ店で購入。
麹いろいろ揃っています!選ぶのも楽しい。

豆は、親戚から譲ってもらった無農薬大豆を使いました。
Mおばさん、おいしい大豆をいつもありがとう♪


二種類の味噌、夏過ぎの完成予定です。楽しみ♪
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:2   trackback:0
[自家製保存食など
クリーミーな、春色グリーンスープ。
クリーミーなグリーンスープ

こちらは、最近とっても気に入ってよく作っているスープ。

そのときにある青菜と、冷やご飯、だし汁か豆乳で、ササッと出来ちゃいます。
出来上がって味見すると、ご飯の中身(その時々で雑穀や豆を4~5種類入れています)
と青菜の種類によって、毎回微妙に色合いや味が違うのがまた楽しい♪

野菜は生のまま使うので、ざくざく刻んでミキサーに入れて。
とにかくすぐに出来上がるのが良いところ!
もちろん酵素もたっぷり摂れて、栄養満点です^^

これに生野菜のサラダか軽く蒸した野菜、それにパンなどをあわせて、
ロー率50~60%のランチが完成。

以前の昼ごはんといえば、玄米ご飯に火を通した常備菜と味噌汁などをあわせていて
生食は漬け物くらいでした。
それはそれで美味しいのですが、胃腸系の弱い私には、食後に胃が重たい感じが
残ります。

ローフードを意識しだしてから目標として食事全体の半分以上を生食にしています。
酵素のおかげで消化もスムーズになり、おなかはいっぱいだけれど胃は軽い感じ。
以前とは明らかに違うなぁという印象です。

というわけで、ちょうど昼前後にお昼寝をする下のムスメRの居ぬ間にこっそり?
こんなお一人様ランチを楽しんでいます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(1人分)

冷やご飯     軽く一膳分
好みの青菜    1.5~2カップ分
だし汁か豆乳   1カップ~
味噌       小さじ1
練り胡麻     小さじ1
自然塩・こしょう 少々

作り方

1.全ての材料をミキサーに入れてなめらかになるまでよく攪拌する。
 回りにくいようなら水分を少しずつ足す。
 仕上げに好みでこしょうや玄米フレークなどをトッピングしてできあがり。

ポイント

・温かいものが良い場合は、最初に冷やご飯とだし汁を小鍋に入れて軽く温めておき、
 40度くらいまで冷ましてから(青菜の酵素を生かすため)、他の材料と共に
 ミキサーにかけます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:1   trackback:0
[みそ汁・スープ
香り爽やか!かんきつ酵素が出来ました。
先日仕込んだ かんきつ酵素、無事に出来上がりました。

年末に仕込んだ「秋の酵素」は、まだ残っていますが、もうそろそろ飲むのも終わり
かなぁ。
春になると秋冬の服を片付けるのと一緒で、秋の酵素を摂るのはせいぜい四月~
五月上旬位まで、そろそろおしまいにするのがルールのようです。

とはいっても、まだ野草摘んで、酵素を仕込んで・・・という時間がなくて。

何しろ、ムスメSが小学校に上がり、入学式から駆け足で半月が過ぎていきましたが、
その間親子で新生活のリズムをつかむのに必死、更には懇談会やら個別面談等々あり
当面は忙しいのです~!

柑橘酵素・絞り終了

左のこしカスは、肥料にしたりお風呂に入れたりと、それはそれで用途があります。
我が家では、半分は入浴剤に、残りはFPで細かくして瓶詰め⇒ジャムに。
かんきつの皮がメインなので、そのまんまマーマレード!!です。

かんきつ酵素・瓶詰め

絞りあがった酵素液は、約二リットルになりました。
材料一キロにつき、絞り上がりは一リットル位です。

香り爽やかでちょっぴりほろ苦い、春らしい酵素液になりました♪

かんきつ酵素に入れる珊瑚

ちなみに、冷蔵庫保存が出来ない場合は、常温でどんどん発酵が進んで味が変わって
しまうため、珊瑚を煮沸消毒&天日干ししたものを液の中に入れておくと良いそうです。
ちょうど、家族で沖縄に行った時に持ち帰ったものが幾つかあったのでこれを利用しました。

これからしばらくは柑橘酵素のお世話になりますが、
ようやく暖かくなってきたので、ピクニック気分で早く野草摘みに行きたいなぁ♪


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:0   trackback:0
[ローフード
栄養満点・簡単・美味しい♪三拍子揃った、生トリュフ。
ローココアトリュフ

ローフードのスイーツで、最初に作ったのが、この生トリュフでした。
美味しくて栄養満点、しかも簡単にできるのでとても気に入っています。

柔らかめの仕上がりになるので、基本的に冷凍保存なのですが、その分
長期保存もできるので、まとめて作ってちょこちょこいただいています。

使用するナッツやドライフルーツは、家にあるもので何でもOK。
くるみやカシューナッツ&デーツやレーズンが基本的で味も癖がなく、無難な
仕上がりになるようです。
私はそのときにあるもので、どちらも二~三種類ずつ混ぜて作ることが
多いです。

固さ調節と味に変化を持たせるため、粉を加えます。
ローココアパウダーやキャロブパウダーならチョコ味に、きなこやごま・
リブレフラワー
なら和風のトリュフに。

外側にまぶしているのは、今回はココナッツファインですが、
中に混ぜ入れた粉を使えば見た目もいろいろになりますね。

さらにコクを出したい場合には、お好みのオイルを少量加えても。
ラム酒などを加えればさらに大人味に♪
いろいろバリエーションが楽しめます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(作りやすい分量)

○好みのナッツ類   1カップ 
※くるみ・カシューナッツ・ペカンナッツ・松の実等
○好みのドライフルーツ 1カップ
※レーズン・デーツ・アプリコット・いちぢく・プルーン・クコの実等
○好みの粉類      大さじ2~3くらい
※ローココア又はキャロブパウダー・ごま・きなこ・ココナッツパウダー等
○自然塩       ひとつまみ

《表面にまぶすもの》
上記の粉類の中からお好みで。

《トッピング》
松の実・クコの実・ココアニブなど。


作り方

1.ナッツ類は数時間~一晩浸水後、軽く水洗いして水気を切っておく。
 フードプロセッサーに○を入れ、全体がひとまとまりになるまで攪拌する。
 最初にナッツ・フルーツ・自然塩を入れて混ぜ、その後固さを見ながら
 粉を少しずつ加えて調節するとよいです。

2.粉類をしいたバットの上に1.をあけ、こなをまぶしながら好みの大きさに
 ちぎって丸める。
 粉を表面にまぶし、好みでトッピングする。
 冷蔵庫や冷凍庫で保存する。

ポイント

・私は歯応えがあるほうが好みなので、最初にナッツ類を少し取り分けておいて、
 全体が混ざった後に粗く砕いて混ぜ込みます。
 また、ココアニブがあれば入れると香り良く歯応えがさらに出て美味しいです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング、苦戦中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:6   trackback:0
[ローフード
柑橘酵素、仕込みました。
昨年末に仕込んだ「秋の酵素」、毎日美味しく飲んでいます。
そろそろ野草を摘んで「春の酵素」の仕込みもしたいなぁと思っているのですが、
関東では桜が散った後、4月半ば位~が良いそうです。

今回は、無農薬の夏みかんやレモン、その他減農薬のかんきつ類が手に入ったので
秋⇒春のつなぎとして、お楽しみ用に「柑橘酵素」を仕込むことにしました。

かんきつ酵素・材料

先回もお世話になった中山さんのところに問い合わせると、早速手作り酵素の
材料を送ってくださいました。
写真は、発酵助成剤・ケルプαと、海の精(出来上がった酵素液に入れる)。

前回の秋の酵素の仕込み量は20キロでしたが、今回は2キロだけ。
中山さん曰く、「春と秋の酵素が『優』としたら、その他の単品酵素は『可』
で、あくまでお楽しみ程度に作って飲むもの」だそう。

ただし、梅とブルーベリーの酵素は特定の効果が期待できるのでその限りではないとのこと。
(こちらもそれらの季節になったらぜひ作りたいなぁ。)


かんきつ酵素液の仕込み

さて、今回のかんきつ類は、

・夏みかん
・レモン
・清美オレンジ
・はるみ
・はるか
・ゴールデンオレンジ

の6種類。
いずれも無農薬もしくは低農薬で、皮ごと、種ごとカットして使います。

二キロだけなので、作業も早い早い~。

砂糖と混ぜて、最後に発酵助成剤をかけて、一時間足らずで仕込み完了。

ちなみに、砂糖はそのものを食べるのではなく、酵素の抽出、発酵、保存の
ために使うので、白砂糖の害はないとのこと。
発酵過程でブドウ糖・果糖になり、最終的にはブドウ糖に分解されるので、
酵素液を飲んだ際にも体への負担はありません。


およそ一週間、毎日素手でかき混ぜて、柑橘からエキスが抽出してきたら
漉します。

どんなお味の酵素になるかしら・・・楽しみです

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[ローフード
春にさわやか♪サクサクはっさくサラダ。
サクサク♪はっさくサラダ

ローフードを意識して取り入れるようになってから、毎食必ず最初にフルーツや
生野菜のサラダを頂くようにしています。

野菜・果物の酵素をまず体内に取り入れることで、後から入ってくる食べ物の消化を
助けてくれる=体内酵素の無駄使いを防ぐ、というわけです。

今回のレシピは、今の時期たくさん出回っているはっさくと、レタスやキャベツ、
青梗菜、小松菜など季節の青菜を使った簡単サラダ。

ナッツのトッピングと同じくらい気に入っているのが、穀物パフのトッピング。
今回は玄米フレークをかけました。
ちなみに私が使っているのはこちら。⇒ 
サラダ用には、味の付いていない無加糖のものがベストですね。

もちろん、コーンフレークや、その他のフレーク等お好みのもので美味しく
いただけます。

このサクサクの食感があると、生野菜がちょっと苦手なムスメ達も、最後まで
飽きずに楽しく食べられるみたいです。

ちなみに、我が家では、モルトパフ(小麦粉)やお米のパフ
カムットパフ(カムット粉)、ひえコロコロ(ひえパフ)などを買い揃えて、その日の
気分で変えています。
また、玄米ポンセンを砕いてトッピングしても美味しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(1~2人分)

好みの青菜  2カップ~ ※キャベツ・レタス・小松菜等季節のもの。
(食べやすく切った状態で) 
はっさく   1/2個

○オリーブ油 小さじ1
○しょう油  小さじ1
○自然塩・こしょう 好みで適量

玄米フレーク  好きなだけ
        
作り方

1.野菜は食べやすく切り、はっさくは房から出しておく。
 野菜・はっさくをボウルに入れて○を加えて混ぜ、しんなりするまで
 しばらく置く。

2.皿に1.を盛り、上に玄米フレークを散らし、好みで塩・こしょうを振る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はいよいよ、ムスメの入学式。
これから家族で行ってまいります♪
・・・って、あいにくの雨模様、すーごく寒いです~。

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:2   trackback:0
[サラダいろいろ
ある夜、机の上に・・・ムスメからの手紙。
ある夜寝る前に、ムスメSがせっせと何かこしらえていました。
横目で見つつ、声をかけずにあえて知らん振りしていると、
「Sちゃんが寝たら、机の上を見てね」と言い残して眠りについたS。



さて早速机を見てみると・・・



Sからの手紙2

四折りの折り紙が四枚。
「あけてね。」の文字の通り、一枚ずつ開いてみてみると・・・



Sからの手紙3

それぞれの折り紙には
「てれび(の上)をみてね」
「たんすをみてね」
「Sちゃんがいちばんすきなえほんをみてね」
「ぴあの(の上)をみてね」
とありました。


で、それぞれの場所に行ってみると、こんなもの達が。



Sからの手紙1


折り紙で作ったもの、いろいろ。


ムスメ達が寝静まった後のほっと一息タイムに、思いがけずSからの楽しい
プレゼント。
あちこちから集めてきた折り紙達を前に、しーんとした部屋の中で1人、
思わずくすっと笑いながら、私が子供のころ大好きだった この絵本を思い出しました。

この本の内容の様に複雑ではないけれど、女の子ってこういうのが好きなのかしら。
ちなみにSはまだこの絵本を読んだことがないはず。
今度買ってきて、Sと一緒に読もう!と思ったのでした。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[出来事あれこれ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。