FC2ブログ
いよいよ旬です!初物・生落花生で二品。
九月に突入し、秋野菜がスーパーでも並び始めましたね。

この時期はまだまだ夏の野菜が名残惜しい反面、秋の野菜も食べたい!と
ついつい欲張りになってしまう私・・・

見た目にもカラフルで涼を呼ぶ夏野菜も好きですが、さつまいもや栗、ごぼう、
里芋等々、冬に向かうために必要なエネルギーがぎゅーっと詰まった
秋野菜も大好き

先日、嬉しいことに無農薬の落花生が手に入ったので、
こんな風にしていただきました。

まずはこちら、茹でただけ、の落花生

塩茹で落花生塩茹で落花生。美味♪

材料は、生の殻付き落花生と、自然塩のみです。

《レシピ》
鍋にたっぷりのお湯を沸かし、落花生100g当たり5gほどの自然塩を
入れます。
そこへ落花生を加え、弱火でことこと30~40分程茹でるだけ。
火を止めてから、塩味をなじませるためそのままでしばらく置いておきます。


お茶請けにも、おつまみにも、そして子どものおやつにもぴったり
例によって、2人のムスメ達、奪い合うようにしてあっという間に完食~。

煎りピーナッツの、何ともいえない香りとパリポリ食感もかなり好みですが、
茹でたものは、それよりもふんわり柔らかくて、でも独特の香ばしさは
しっかり味わえます。

マクロの陰陽で比較すると、煎ったもののほうが陽性で、茹でたものは、
中庸に近いのかな?
食べていてもほっとする感じで、体により優しい気がします

茹で落花生、未体験の方にはぜひ一度試してもらいたいなぁ。


じーまみ豆腐じーまーみ豆腐。とろり、もちもち♪

こちらは、生落花生を豆乳を作る要領でおからと水分(ピーナツミルク)に
分け、水分に本葛粉と自然塩を加えて練ったもの。

昨年・一昨年と沖縄へ行った際に食べて、すっかりその美味しさのとりこに。
今年はどうやら行けそうにないので、家で作って食べて、行ったつもりに
なろうではありませんか(ちょっと哀しい・・・)

沖縄では甘めのタレ付きで供されていましたが、私はわさび+醤油で。
ピーナッツの風味とコクがなんとも美味しく、葛粉のとろり&ぷるぷる食感が
あとひくお味です。

子ども達には、きな粉+米飴で、和風プリン風に。

どちらも、おいしいーーです

再び生落花生が手に入ったら、どちらもぜひまた作りたいな~

そういえば、実家の菜園の落花生も、もうすぐ収穫できるはず、
なんだけれど・・・

お父さん、まだですか~???。笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(作りやすい分量)

生落花生 殻を外した状態で1カップ
水     3カップ(4カップ)
本葛粉  45g(60g)
自然塩  小さじ1/3(小さじ1/4)

※カッコ内は、よりあっさりと仕上げたい場合の分量です。
私のイメージでは、沖縄のじーまーみ豆腐はカッコ内の方。
ですが、ピーナツの濃厚さを味わうなら、カッコ無しの分量の方を。

作り方

1.生落花生は殻と薄皮をむき、たっぷりの水に一晩つけておく。
 水気を切った落花生と水1カップ程をミキサーに入れて回す。
 残りの水も合わせてよく攪拌したら、さらし布などで濾す。

2.1.で出た水分(ピーナッツミルク)に、本葛粉を入れてしばらく置いておく。
 葛が溶けたら火にかけ、たえずかき混ぜる。
 沸騰してきたら火を弱めて、木ベラで10~15分ほどしっかりと混ぜる。

 全体にねばりが出てきたら火を止め、水でぬらした流し缶に入れて冷やす。

ポイント

・葛粉は練れば練るほど良いです。
 葛に火をしっかり通す意味でも、2.で、がんばってかき混ぜるとよいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



スポンサーサイト



Posted by beanpaste
comment:4   trackback:0
[甘味料不使用・素朴なおやつ
| HOME |