FC2ブログ
からし菜の塩漬け。辛み抜き.&辛いver. と、おやつ・つくれぽ編。
        からし菜の塩漬け

我が家では、実家の父が家庭菜園で育てている有機野菜を定期的に送って
もらっています。
これぞ、「生産者の顔が見える」素性確かな野菜
趣味とはいえ、父は有機栽培について熱心に研究していて、手前味噌ですがとても
美味しい野菜達を作るんです

今頃になると、小松菜・ほうれん草・菜の花・なばな・・・などなど
似たような見た目の青菜がダンボール箱いっぱいに届きます

上へのびる陰性の青い野菜は、これからぐんぐん成長していくするムスメ達には
積極的に食べさせたい野菜の一つ。
けれど、青菜・・・おひたしなど作っても、なかなか進んで食べてはくれません
我が家に限らず、青菜大好き~な子どもって、そうそういないのではないかしら??

でも、ぐずぐずしているとすぐにしんなりしてしまう青菜達・・・
全てを消費する前に駄目になってしまうのはあまりに忍びなく、もったいないので、
その中の「からし菜」を、塩漬けにしてみました。

からし菜、というくらいですから、本来はその辛味を生かしたまま漬けて、
辛さを楽しむべきものなのでしょうね。

ですが、うちのムスメ達は辛いのが苦手
なので、私は今回は普通に青菜類を茹でる要領で下処理をして、塩に漬けました。
ですから、辛味はかなり抑えられて、まるで高菜漬けのような感じに。
これはこれで、食べやすく美味しいですよ

保存性を高めるために、今回、塩は重量の10%にしました。
そのままだとかなり塩辛いので、水に漬けて塩抜きしてから使って下さい。

これでしばらくの間、あせらずゆっくりと青菜を楽しめます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料

からし菜  適量
自然塩   からし菜の重量の10%

作り方

1.からし菜はよく洗い、沸騰した湯で1分ほど茹でる。
 鮮やかな緑色にかわったら、ザルにとって水気を絞り、好みの長さに切る。

2.1.を計量し、その10%の自然塩を用意する。
 からし菜と塩を混ぜ、煮沸消毒した瓶に詰める。

ポイント

・からし菜を辛いまま漬けたい場合は、
 ①洗って切った後、自然塩をふってよく揉みます。
 ②沸騰した湯にさっとくぐらせ、鮮やかな緑色になったらザルに引き上げます。
 ③熱いうちに再び塩をふってしっかり絞り、ビン詰めにします。

・そのままだとかなり塩辛いので、料理に使う前には水に漬けて
 塩抜きしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・さて、昨日のおやつ・つくれぽです。

野菜料理日記」で、いつもバラエティに富んだ美味しそうな野菜料理を
紹介されている、elmoh11さんのレシピより。

人参と米粉のケーキです。
じゃーん


にんじんのおからパウンド・つくれぽケーキ、早速狙われています。。

豆乳を湯煎してふわふわにするまでは上手くいった!と思ったのですが、
その後粉モノを混ぜる際に手間取ってしまい・・・水分を後から足す羽目に

でもでも、塩をしっかりめにきかせることでおからと人参の甘みがしっかり出て、
外はカリッと中はもっちり。
まさに米粉のケーキって感じでとても美味しかったです~。
ちょうどしっとり美味しいおからが家にあったので良いタイミングで作れました。
ムスメ達にももちろん大好評。
あっという間になくなっちゃった・・・
また、美味しいおからが手に入ったら作ることにしましょう。。

elmoh11さん、ご馳走様でした



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ



スポンサーサイト



Posted by beanpaste
comment:2   trackback:1
[自家製保存食など
| HOME |