スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
父の日のプレゼント。と、自家製おからでマフィン・つくれぽ。
          プレゼントいろいろ

昨日は父の日でしたね。

ここ数年、実家の父へは旅行券を贈るのが定番です。

ちょっと夢がない?気もしますが・・・家庭菜園と、ドライブ&温泉巡りが
趣味の父へはぴったりのプレゼントだと思っています。

週末は、実家に妹とその子供(8ヶ月)も帰省中ということで、いろいろ詰めて
みました。

父へは、
旅行券
ビール→ムスメSが、「これが一番美味しそう」とはりきって
     選んだもの(ヱビスのものでした。。)
豆腐チーズ→ビールのおつまみにもぴったりです。
しゅりけん→ムスメSが作りました。なぜしゅりけん??

母へは、
こんにゃく湿布セット(こんにゃく2枚・こんにゃく湿布用ベルト)
こんにゃく湿布とは、自然療法のお手当ての一つ。
腎臓・肝臓を温めることで、体内の毒素を排出する方法です。

カイロでは体の表面しか温められませんが、茹でたこんにゃくは体の芯まで
しっかりと温めてくれます。
冷え性対策にもよいです。

闘病中の母には、薬の副作用(毒)を排出するために毎日続けて欲しいので、
前回帰省した際にやり方を伝えていたのですが。。。

その後電話で、「1時間近くも横になって湿布する暇がなかなかないのよね・・・」
とつぶやいていました。
確かに、主婦にはそんなにのんびりする時間はありませんよね・・・

そこで!ガーゼを買ってきて2m×30cmほどに縫い、腎臓(背中)と
肝臓(右脇腹)の部分に簡単なポケットをつけた「こんにゃく湿布用ベルト」を
作成。
これを体にくくりつけておけば、家事をしながらでもこんにゃく湿布ができるという
優れものです。
通っているリマのお友達(70代の方)と話していて、そのアイディアを
頂きました。
歳を重ねている方は、さすがいろいろな知恵を持っていて勉強になります。


妹の子どもへ、
夏にぴったりな半そでロンパース
→お店で見つけた、オーガニックコットンのもの。
姪のIちゃん、出産時に駆けつけて以来、一度も再会できないままです
もうつたい歩きを始めていて、目が離せないとか。
妹が送ってくれる写真を見て、可愛らしい成長ぶりに会いたい気持ちばかりが
募ります・・・

甘酒チーズケーキ・プレゼント

実家に妹が来ているなら、と、ベジチーズケーキを焼いて一緒に箱に
詰めました。
これなら、闘病中の母も、授乳中の妹も安心して食べられます。
夜、電話で「予想以上に美味しかったよ~。台の部分もすごく美味しい!」と報告が。

授乳中はおっぱいのトラブルを避けるために洋菓子などは避けたほうが無難です。
これなら乳腺が詰まる心配もないし、でも妹はマクロビオティックをしているわけ
ではないので、どうかなぁと思っていたのですが、喜んでもらえたみたいでホッ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日、青大豆でおからをつくりました。
ごつごつした岩みたいですが、ほんのり青みがかったおからは、ふつうの
大豆よりも味が濃くで美味しいの

          自家製おから・青大豆

このおからを使用して作ったおやつがこちら。

          まうみさんのバナナおからマフィン

maumi's roundaboutの、まうみさんが紹介されていた、
バナナおからマフィン」。
トッピングには、ココナッツパウダーとアーモンドを。
薄力粉をカムット粉に、てんさい糖と油を半量にして作りましたが、我が家の
ムスメ達、「甘~い、美味しい」と大喜び。
外側カリッと、中はもっちり、しっとり、ホントに美味しい
バナナって甘みもしっとり感も出て、お菓子の材料としてとても優秀ですね~。

ちなみに、まうみさんは以前、↑で紹介したベジチーズケーキを作って
くださっています。
まうみさんのご家族に好評だったとのことですが、このマフィンも我が家の家族に
大好評でしたよ~
まうみさん、美味しいおやつをごちそうさまでした

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[お手当て・ホメオパシー
風邪と急性副鼻腔炎。
先週の子どもの高熱の風邪が、私と下のムスメに見事にうつりました。

症状は上のムスメと同じく、高熱・咳・食欲減退

そして、私は急性副鼻腔炎(つまり蓄膿症)に。。。
顔面の痛みがひどく、割れてしまうかと思うくらい。
歯もかなり痛みます。

その上微熱が1週間以上も続き、今回は久しぶりの大病、といった感じでした。

以下は自宅でのお手当てとホメオパシーについて、覚書です。

《お手当て》
発熱・頭痛・痛みに
小松菜の枕(ムスメは嫌がりました・・・)
豆腐パスター(ガーゼに一回分ずつ包んで、水分を絞っておでこにのせる)
りんごのすりおろし(半分はしぼり汁のみ。合わせていただく)
大根おろし+しょう油(塩)
葛りんご(100%りんごジュースを葛で溶いて鍋でしっかり練る)

咳に 
レンコン湯(れんこんおろしの絞り汁+塩少々、沸く直前で火を止める)
コーレン


《ホメオパシー》
全般に
ムスメR→カンサリス・カーボベジ・チャイナ
私→フォスフォラス・ジェルセミューム・アーセニカム・オピウム

ミネラルセット

各症状に
『発熱に』
アコナイト×3リピート(10分おき)

『痛みに』
ホットマグフォス(40度程度のお湯半カップにマグフォス7粒を溶かし飲む)

『濁り血に』
パイルジェン

『上下する熱に』
チャイナ

『黄色鼻水に・蓄膿症に』
ポースティラ
ケーライビック
へパーソーファー

『毒を出し切る』
ブライオニア

『咳に』
ドロセラ
アンチモタート
※咳き込みが激しいときは、水に溶かしてちびちび飲む。

『子どものぐずり・母べったりな時』
ポースティラ

私の副鼻腔炎、豆腐パスター(痛みが激しいときにこれは本当に効きました!!)
とホメオパシーのおかげでだいぶ軽くなりましたが、
症状はまだ続いています。

病院では、抗生剤を飲まないと治りませんが、授乳をストップできますか?
と聞かれました。
もちろん、それは無理ですと答え帰宅。。

授乳ってカンタンにお休みできるものではないのですよね・・・

母乳育児をしている方になら、それがどんなに困難で、子どもと母親にとって
大変なことか理解してもらえると思うのですが。


でもでも私には、超強力な助っ人、ホメオパスのNさんがいます。

私の今の事情を全て理解してくれ、いつでも電話やメールで相談にのって
くださり、夜中でも必要ならばレメディを届けにかけつけてくださいます。

本業の助産師のお仕事だけでも、いつお休みしているのかしらと心配に
なるくらいお忙しいのに、自分のことは二の次であれこれとしてくださる方。

Nさんには、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、もう少し、ホメオパシーでがんばってみます



          
Posted by beanpaste
comment:1   trackback:0
[お手当て・ホメオパシー
子どもの発熱。お手当てとホメオパシー
一昨日の夕方からムスメSが発熱しました。
Sのクラスで咳・熱の症状の風邪がはやっているらしく、4~5人のお友達がお休み中
なのです。

それから、年度末ということで幼稚園でのイベントが続いていました。
そういうときにはちょっとした食べ物が出るのですが、普通の幼稚園ですから
当然マクロでないおやつが出るわけで。。
普段外のお菓子を口にしないので、その刺激的なお味に慣れていないSは
体に反応がでてしまいがちなのです。
(発熱・体のかゆみ等等・・・)

今回の彼女の症状は咳(乾いた咳、しかも深め)と顔が赤く、熱が38度前後。
夕方急にぐったりとして、「お粥がいい」というので
慌ててお粥を炊きました。

リクエストの通りねぎと梅干しのお粥。
それからりんごの葛練り。
そしてホメオパシーのレメディはとりあえずTS19とアコナイト。

夜になり、熱が38.5度まで上昇。
インフルエンザかも?という不安がよぎり、(今冬、インフルエンザ予防のレメディは
すでに摂っており、学級閉鎖になった時期も罹らずに乗り越えましたが)
RXインフルとTS34、ベラドーナ、咳が出て喉が痛いというのでブライオニアも口の中へ。
キャベツを頭にのせて再び就寝。

朝には37度台まで下がり、元気になりつつありましたが空咳がひどいので、
レンコン湯を朝と昼に。

昼寝の後、夕方再び熱が上がり、計ると38.6度・・・
おかゆとすりおろしりんごを食べ、ベラドーナとブライオニア、TS34を摂って就寝。
夜中にかけて39.5度まで上がり、途中汗をかいてうなされて数回起きましたが
そのたびにレメディをリピート。

以前はちょっと熱が出ただけで「病院に行かなくちゃ」と慌てたものですが、
ホメオパシーやマクロに出会ってからは、まずは家でできるお手当てをして、
レメディを試しているうちに体の不調が改善されるので、自然と病院に行く
回数も減りました。

もちろん、症状によってはお医者様の判断が必要なときもあるので
全てが家で解決できるとは思っていません。
けれど、薬で無理やり抑えるのではなく、
自然治癒力を上手に引き出し、体内の毒を出して治すこと。
すごく大切だなぁと思います。

ホメオパシーもマクロのお手当てもまだまだ勉強中です。
周りのアドバイスを参考に、試行錯誤しつつ学んでいきたいなぁ。
 
さて。
今朝は一応平熱に戻りました。ホッ・・・
喉がまだ痛みがあるので、エイピスを摂り、再び布団に入ったS。
今日はどうなることやら。。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
Posted by beanpaste
comment:0   trackback:0
[お手当て・ホメオパシー
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。