スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
手前味噌作り。玄米味噌&麦味噌。
4月初め、ずっとやらなくちゃ~と思っていた味噌仕込みをしました。
本当は寒仕込み(1-3月位)の方が雑菌等が入り込む心配が少ないので良い
ようなのですが、麹と大豆があれば年中仕込みは可能です。

味噌作り・麹二種の塩切り

まずは生麹が届いたら早速塩切り。
手前が麦麹、奥が玄米麹。
触ってみると、麦のほうが塊や粒が大きく、玄米の方はさらりとしています。
今回は麹と豆は各一升ずつ。
それに対して塩切りの自然塩は600グラム。
100gは仕上げ用に残しました。
こうしておけば、常温で4-5日は保存可能。
味噌作りに取り掛かる間数日間リビングの隅に置いていたのですが、麹の
良い香りが漂って、ムスメ達、何度も蓋を開けては「米飴の香りだ~」と
くんくん。
本当に、生きている麹は良い香りです♪

味噌作り・大豆を煮る

たっぷりの水に一晩つけておいた大豆を煮ます。

朝から我が家の圧力鍋・土鍋・ステン鍋を三台フル回転×2・・・
早くそして柔らかく煮えるのはやはり圧力鍋が圧勝!でした。
なので結局他の鍋の大豆を圧力鍋に移し変えて煮なおしたりして。

味噌作り・足で大豆踏み

大豆を熱いうちに厚手のビニール袋に入れて、ムスメRと一緒に踏んで踏んで…
しっかり煮たつもりでも、中には固い豆が混じっていて、均一に潰すのに
苦労しました。

味噌作り・味噌玉投げ入れ

豆がつぶれたら、塩切りした麹と混ぜて、耳たぶほどの固さになるよう煮汁で
調節し、味噌玉を作り、かめの中に投げ入れます。

味噌作り・玄米味噌仕込み終了

仕上げに、残しておいた自然塩を上にふりかけて、仕込みは完了。
こちらは、麦味噌の方。
仕上がりは約5キロ。

ここまで、あさ7時からお昼近くまでかかりました。
朝ごはんの支度やら家事の合間にやったので、集中してやればもう少し時間短縮
できたかな。

麦味噌仕込み完了

こちらは玄米味噌。

これまでは実家で母と一緒に仕込んだことはあっても、自宅で仕込みをしたのは
初めてでした。
狭いマンション内に置き場を確保するのは難しいかも、と躊躇していましたが、
やってしまえばなんとかなるものです!

ちなみに、今回の麹は鈴木こうじ店で購入。
麹いろいろ揃っています!選ぶのも楽しい。

豆は、親戚から譲ってもらった無農薬大豆を使いました。
Mおばさん、おいしい大豆をいつもありがとう♪


二種類の味噌、夏過ぎの完成予定です。楽しみ♪
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:2   trackback:0
[自家製保存食など
白菜の美味しい季節に、精進キムチを仕込む。
白菜が旬の今の季節に、白菜を丸ごと漬けると本当に美味しいですよね!
実家の無農薬白菜でシンプルな塩漬けを作ろうと天日干ししたのですが
なぜだか急に思い立って予定変更し、ベジキムチを漬けることにしました。

キムチの仕込み1

手順はざっとこんな感じ。
↓↓
1.白菜を1/4ずつにカット。
2.一日ほど天日干し、下漬け⇒水切り。
3.あらかじめ作っておいたキムチの素を葉一枚ずつに丁寧に塗る。
4.タッパーなどの密閉容器に入れ込み、発酵したら完成!

キムチの仕込み・中身これが《キムチの素》。

キムチの素とは、せり・大根・にら・にんにく・ねぎ等々の香味野菜、韓国の
粉唐辛子、それに果物や砂糖で甘味を持たせたもの。
通常のキムチはアミの塩辛など動物性も入っていますが、私はベジ100%に
仕上げたかったのでそのように。
それでも十分に味に深みとコクが出ます。と思います!

それから、私は砂糖の代わりに、干し柿と米飴を使いました。
砂糖を使ったものよりも、より自然な風味になります。

キムチの仕込み・仕上がり

無事に漬け終わり、今少しずつ頂いていますが、日に日に発酵が進み、
酸味が出てきます。
最初の浅漬けも、発酵が進んで乳酸菌全開!のお味も、どちらもそれぞれの
よさがありますね。
ベジ100%で、ほぼオーガニックの自家製キムチが食べられるなんて、
とっても贅沢で幸せ
嬉しい限りです。

参考にしたのはこちらの本。オールベジで韓国料理。素敵です!
家庭で楽しむ韓国精進レシピ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マクロを始める前は、キムチが大好きでした。
でも始めた後は辛いものも含めほとんど口にすることはありませんでした。

けれど、今はもっと自由に食を楽しみたいという気持ちになってきています。
もちろん、体の声をきちんと聞いた上でのことですが。

頭で食べるのではなくて、心で感じて食べたいと思うものを食べる。
食べるものに罪悪感を持たない。
心から感謝していただく。

マクロを始めてまもなく4年目に突入。
マクロの理論にとらわれすぎて心も体もガチガチになっていた自分を
もう少し開放して、より柔軟で健やかな人になりたいなぁ。

年明けから本格的に取り入れ始めたローフード、酵素学も、体調に合わせて
試行錯誤しつつ楽しんでいます。


もっとのびのび、楽しく!
私の今年の目標の一つです♪

ランキングに参加中&苦戦中。。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[自家製保存食など
酵素を育てる。玄米酵素ご飯。
酵素玄米ごはん

これ、ただの玄米ご飯ではありません。
酵素が生きている、酵素玄米ご飯です。

酵素玄米と言えば、長岡式が有名ですが、専用の圧力鍋や内釜、炊飯器等が
必要なので、私にとっては敷居が高く、体によいと知ってはいてもなかなか
炊くことができずにいました。

でも、こちらの本を参考に炊いてみたら、長岡式のご飯と同じような美味しい
玄米ができました。
毒出し玄米酵素ごはん

一度目は水加減を失敗して、カチカチの仕上がりに
でも、手順さえ間違わなければ簡単に炊くことができます。
普通に炊く玄米ご飯よりも味があって美味しいし、消化吸収も良いし、たくさん
炊いても長持ち(10日くらいで食べきることが目安)する等々、利点が
いっぱいです。

生玄米に以前トライしたものの、味になれることが出来ずにその後
ご無沙汰していましたが、これなら続けられそう。

ところでなぜ、酵素玄米を炊くことにしたかというと・・・


にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

 more...

Posted by beanpaste
comment:7   trackback:0
[自家製保存食など
秋の酵素液・出来上がりました。
秋の酵素液・出来上がり

年末に大急ぎで仕込んだ秋の酵素液が出来上がりました。

真冬ということで、発酵期間は約二週間でした。
その後、粗漉し⇒細漉しして、出来上がった12リットルのうち約8リットルを
実家から自宅へ持ち帰りました。

初めて作った手作り酵素のお味は…んー、根菜の香り(苦笑)。
ナカヤマさんから材料を購入した際に同送していただいた作り方の説明書には
大根やかぶなどの根菜類は、独特の香りが出やすいので、入れるときは
少量に
」とあったのですが、ついつい種類をたくさん揃えたくなって
入れてしまったのですね。

量的にはそれほどたくさんではありませんでしたが、やっぱり大根の香りが
効いています。。。はは。
例えて言うなら、のどが痛む時に時々作る、大根エキス(米飴ORメープル
シロップにカットした大根を浸して飲むもの)のお味。
これはこれで、私は結構好きな味なのですけれどね。

とはいえ、日数がたつにつれて大根臭さも気にならなくなり、ゆずなどの
かんきつ類の香りが先にたって、フルーティでよりまろやかになった感じ。
ホッ。

どちらにしろ春までに飲み切れる量ではないし、来年まで熟成させるつもりで
いるので、一年後どんな風に味が変わっていくのかが楽しみ
秋の酵素液・プレゼント
ビンに入れてすぐ、ぷくぷくと泡が。生きている証拠です。

こちらの初・酵素ジュース、リマ師範で仲良くさせてもらっている友人が
仕込んでみたいと話していたので、お味見用に少しだけ差し上げてみました。

来年また仕込む時には、もっと旬を逃さず、材料も吟味してより美味しいものが
作れると良いなと思います。
この初仕込み、とっても楽しかったし、勉強になりました。

次は春の酵素液!
こちらは野草メインなので、更にハードルが高いかもしれませんが、もし
仕込む機会が出来たら嬉しいなと思っています。



ランキングに参加しています。
今日は何位かなぁ・・・?!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ




Posted by beanpaste
comment:4   trackback:0
[自家製保存食など
土鍋でことこと、ノンシュガージャム。りんご×キウイ。
りんごとキウイのコンフィチュール1

この前の連休中に実家から戻ってきたのですが、ムスメSの幼稚園の冬休み中
ずっと家を空けることになるので、その前に食材整理をするのがまた一仕事です。

で、こちらは大量に在庫していたりんごと、オットの実家からたくさん
送られてきたキウイの消費レシピ。

りんごの甘みとキウイの酸味が程よい、さっぱり味のジャムになりました。

りんごとキウイのコンフィ2

いつも通り甘味料は使わず、少量の自然塩をふって愛用の土鍋さん
ことこと蒸し煮。

煮沸消毒したビンに詰めてきっちり密封すれば、砂糖なしでも意外と長持ち
することが判明。
一昨年秋に作ったCpicon 砂糖なし♪簡単柿ジャム (冷蔵保存)をつい最近開けたの
ですが・・・、なんと大丈夫でした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(作りやすい分量)

りんご   1個
キウイ   4~5個 ※小さめのもの。大きめなら3個くらい。 
自然塩 ひとつまみ

作り方

1.りんごはくし切りにしたあと1cmほどの厚さに切る。キウイはざく切りに。
 全ての材料を土鍋(なければ厚手鍋)に入れて、弱火にかける。
 
2.果物から水分が出て、りんごが好みの柔らかさになったらできあがり。
 このとき水分が多すぎるようなら、火を強めてかきまぜながら水分をとばす
 ようにします。

ポイント

・こげつきやすいので、必ず弱火で煮詰めます。時々蓋を開けてチェックします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング、ただいま苦戦中。。。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[自家製保存食など
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。