スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
子どもおやつ・ココア風クリーミープリン。
子供おやつ・クリーミーキャロブプリン

クリーミーキャロブプリン
火も使わず超簡単!なおやつ。

キャロブは、イナゴ豆の鞘を粉にしたもので、ココアの代用品。
カフェインフリーなので子供にも安心ですね。
我が家の娘達はこれをチョコレート味だ~と大喜び。
ただし、すでにチョコ味を知っている子供には見破られてしまうかもね・・・

リブレフラワー(焙煎されている玄米粉)は、あらかじめ火が通っているのでとっても
便利なもの。
お好み焼きに入れたり、お練りとしてはもちろん、お焼きにしたり、お菓子や
パンに練りこんだり、小麦粉と同じように使っています。
炒り加減によって2種類ありますが、深炒りタイプのものが特に香ばしくて好きです。
病気の時には熱湯に溶かして、玄米クリーム風に頂くこともできるので、
常備していると重宝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(小さな1人分)

リブレフラワー    大さじ2  
キャロブパウダー   小さじ1
熱湯         適量 ※仕上げの濃度により、好みの量で。

《トッピング》※お好みで
松の実
クコの実
キャロブ(またはココア)パウダー
メープルシロップ・アガベシロップ・米飴・甘酒などお好みの甘味料

作り方

1、カップにリブレフラワー・キャロブパウダーを入れ、かき混ぜながら熱湯を
 少しずつ注ぐ。
 だまがなくなり、好みの濃度になったらOK。
 お好みでドライフルーツ・ナッツ・甘味料などをトッピングする。


ポイント
・リブレフラワーがなければ、普通の玄米粉(または上新粉)を使ってもできます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



干し芋
実家の特産品。
毎年キロ単位で、親戚や知人からいただくことができます。
ムスメ達も私も大好物!

りんご
酵素をたくさん摂りましょう!ということで、おやつにフルーツを意識して
出すようにしている今日この頃。
必ず最初に食べるように言うのですが(胃に入ったときに他の食べ物があると
スムーズに消化吸収できなくなる)、
ムスメ達はその時々で食べたい順番があるらしく、なかなか難しいですね・・・


こんな素朴おやつに、1クリックで一票を♪
応援お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

スポンサーサイト
Posted by beanpaste
comment:1   trackback:0
[本日の子どもおやつプレート
こねいらず♪こだま酵母でお粥パン・こどもおやつ。
おやつ・こだま酵母のお粥パン

白神こだま酵母のおかゆパン
マクロビオティックでは、玄米粥に地粉を加えて一晩おいて発酵させたものを
焼いたパンを「お粥パン」として食べます。
これは、それよりももっとふんわり・しっとりした生地のパン。

通常のパンのようにこねられる固さのものではなく、わざとゆるゆるの生地に
仕上げて、一次発酵のみで焼きます。
上にゴマをぱらぱら振って焼いたらなお香ばしい!

型に流して焼くので形もいろいろ楽しめました。
今回はミニパウンド型やカップケーキ型などに流して。

小さめのサイズなので、子供たちの口にちょうどよいですね。
糖分は加えず自然塩のみですが、粉の味とお粥の甘味が十分に引き出されていて
しみじみと噛み締めたくなる美味しさです。


お芋と豆腐のふんわりプリン
実家の焼き芋と男前豆腐と自然塩少々をFPにかけて滑らかに。
長めにかけると空気を含んでふんわりした感じになります。

ちなみに、Cpicon 卵・乳・油なし♪さつま芋のスフレ風プリンも似た様な材料を使用して
いますが、粉を入れて焼きプリンに仕立てています。
で、今回のはこのままいただける超簡単バージョン。
でも、冬にいただくにはちょっと寒いプリンかも?!

トッピングにはシナモン・松の実・レーズン・胡桃など。
焼き芋が十分甘いので甘味料なしですが、甘味がほしい場合はメープルシロップ
をとろりとかけていただいても。

ちなみに最近の我が家では、そういった液体の甘味料の代用として、
秋の酵素液を水で薄めたものを、甘味がほしい時にかけています。
その後大根の香りはより薄くなり(笑)、酸味が効いてより美味しくまろやかに
なってきました。嬉しい!


ランキング、苦戦中。。。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[本日の子どもおやつプレート
こどもおやつ・野菜たっぷり!とろとろプリン×塩せんべい。
さて、先日のこどもおやつプレートです。

子どもおやつ・塩せんべい

野菜たっぷりとろとろプリン
材料は、甘い野菜(かぼちゃ・人参・玉ねぎ・れんこん)のみじん切りと、
豆乳、甘酒など。
オーブンを使わず、鍋一つでお手軽に。

実は、キッシュを作るためにみじん切りした野菜が多すぎたので、その残りを
活用するための苦肉の策…でもこれが意外にも美味しくて
玄米フレーク・松の実・クコの実・カシューナッツ・レーズン・シナモン
パウダー等をトッピング。
野菜と甘酒の甘みが優しくて、ムスメ達にも好評でした

塩せんべい
原材料は、国産米・自然塩・なたね油のみ。
とてもシンプルで美味しいです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

姉が三時のおやつを食べ終わって小一時間後、いつもより遅いお昼寝から
おきてきたムスメR。

寝起きが悪くぐずぐずしていたRをみて、姉のSがおやつにちょっぴり
デコレーションを。

こどもおやつ・塩せんべいの顔
「Rちゃん見て見て~、くまちゃんだよ」

Rはぴたっと泣き止み、大喜び。
母がどうなだめてもダメだったのにね。
子供の発想に感心し、姉妹って良いねぇと感じた母なのでした。


こんな変わりプリンも良いかも?!と思ってくださった方、
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:1   trackback:0
[本日の子どもおやつプレート
子どもおやつ・さつま芋の香ばしボールと落花生。
おやつやスイーツのレシピはよく記事にしていますが、子どもにいつも
出しているおやつプレート(っていうほど立派なものではありませんが…)
も、思いついたときに写真に撮っています。

我が家のおやつ、お察しの通り(笑)素朴なものが多いです。
上のムスメが小さいときには、おにぎりだけなんて日もしばしばありましたが、
成長するにつれて、やっぱりそれだけでは満足しなくなってきました。。。

おやつは4番目の食事、という根本的なスタンスは変えていませんが、
食べるの大好きなムスメのために、時間があるときには、なるべくお楽しみ的な
要素も加えて出すようにしています。

でも、なるべく素材のまま、自然の味に近いものを意識しているつもりです。

     こどもおやつ・落花生
 
さつま芋の香ばしボール
今回ははったい粉⇒きな粉に代え、周りにもきな粉をまぶして、上にクコの実を
飾りました。
実家の甘~い焼き芋で作るので、もちろん甘味料はなし。

落花生
実家から、茨城産のものをたくさんもらいました。
子どもにとって固い殻をむくのはなかなか難しく、手間がかかります。
でもむきながら食べると達成感もあり、また食べ過ぎ防止になるので、
わざとこのまま出しています。

飲み物
たまにりんごやみかんの100%の果汁を出すこともありますが、いつもは
ほとんど水かお茶。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大食漢のムスメ達、もちろんこれだけで満足してくれることは
ありません・・・ほとんどいつもおかわり付き。

最初に一度に出すよりも、少しずつ出しておかわりするほうが「食べた!」
という満足感が得られるらしい。
なので、一回に出す分から、わざわざおかわり分をよけておいて、二回に分けて
出すのが定番です。

でも、母としてはちょっとめんどくさい・・・全量を一度に盛り付けるのも、
おかわりして食べるのも、最終的に食べる量は変わらないということに
早く気づいて欲しい母なのでした


こんな素朴おやつプレートでも、楽しんで見て下さる稀有な方が
どこかにいらっしゃるかしら・・・
応援のワンクリックお願いします^^

↓↓↓


にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ




Posted by beanpaste
comment:5   trackback:0
[本日の子どもおやつプレート
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。