スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by beanpaste
 
[スポンサー広告
        ようこそ、MY KITCHENへ!

        数あるブログの中から、ご訪問ありがとうございます♪
        どうぞゆっくりとご覧くださいね。


          自己紹介・掲載レシピ等々についての説明は、
         右下のmore・・・をクリックすると見られます。
          初めましての方、どうぞご覧くださいね♪



 more...

スポンサーサイト
Posted by beanpaste
 
[未分類
ねぎ&切干の、もっちりおからサラダ。あんかけ丼仕立て。
ねぎ&切干の、もっちりおからサラダ。あんかけ丼仕立て。

おから煮は、出来立てのあつあつなら「煮物」として、また冷蔵庫で冷やせば
「サラダ」としてもいただけてどちらも美味しいなぁと思います。
我が家のムスメ達は「サラダ」として食べるのがお気に入りです。

より「サラダ」な雰囲気を出すには、豆腐チーズを混ぜるとマヨネーズの風味が
加わって、またパンチの効いた味になります。
我が家では、翌日のアレンジでよくそんな風に味付けを変えたりします。

我が家でおからを煮るときは、たいてい雑穀と合わせることが多いです。
今回も、野菜ともちきびを最初に炊いておいて、仕上げにおからを加えました。
そうすることでおからのぱさぱさ感が気にならずに、もっちりしっとりした食感に
なります。
切干から美味しい出汁が十分に出るので、味付けは自然塩でごくシンプルに。
これをご飯にのっけて上から葛あんをとろりとかけて丼仕立てに。

なんとも滋味ーな子どもランチプレートの完成です(笑)。

こちらは、同じくおから&雑穀サラダ。

シンプル味。お芋のミレットおからサラダ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(3-4人分)

生おから   100g

葉玉ねぎ   2本  ※普通のねぎでも代用可。
人参     5センチ分
切干大根   ひとつかみ

水    1.5カップ~
自然塩  ひとつまみ

○自然塩   小さじ1/2
○白すり胡麻 大さじ2

《葛あん》
○出汁   1カップ
○しょう油 小さじ2
○自然塩  少々
グリーンピース・コーン(冷凍) 各大さじ1
本葛粉  大さじ2
しょうがの絞り汁(好みで) 1かけ分

作り方

1.葉玉ねぎは細かい輪切りにして青と白の部分に分けておく。人参は千切り、切干は
 さっと洗ってざるに上げ、キッチンバサミで2-3センチ長さに切る。
 もちきびは目の細かいざるで洗い水気を切っておく。

2.厚手鍋に葉玉ねぎの青→白→人参→切干大根の順に重ね、水を注ぎ上に自然塩を振る。
 蓋をして強火にかける。
 沸騰したら蓋を開けて真ん中にくぼみを作り。そこへもちきびを入れる。
 再び蓋をして弱火に落とし、もちきびが煮えるまで10-15分程蒸し煮する。
 
3.《葛あん》を作る。
 小鍋に○を入れて火にかけ、沸騰したら●を加えて数分煮る。
 同量の水でといた本葛粉を加え、とろみと透明感が出るまでかき混ぜる。
 好みで仕上げにしょうがの絞り汁を加える。

4.2.へおからを加え、かき混ぜながら好みの固さになるまで水分を飛ばす。
 ○で調味する。
 ご飯の上にのせ、上から3.をたっぷりかけていただきます!

ポイント

・2.では、もちきびがたくさん水分を吸うので、途中ようすをみながら適宜
 水分を加えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:4   trackback:0
[サラダいろいろ
実家の春野菜、育ってきてます。
GW中、私の実家に滞在していました。
久しぶりに父の菜園を覗いてみると、春野菜がすくすくと育っていました!

年明けから続いていた寒波の影響と端境期が重なり、野菜が少なめという時期が
続いていましたが、これからは葉物や豆類などが豊富に採れる時期ですね。
きのうの記事でも、今の時期の野菜たちを紹介しましたが・・・これからはさらに
豆類もできるようで、私もとっても楽しみ^^


えんどう豆スナップえんどう

えんどう豆2
可愛らしい白い花が咲いています♪

4月中も寒い時期がしばらく続いていましたが、近頃やっと暖かくなってきて、
気候が安定してきました。

お豆さんたちもほっとしたのか、この数日で急にむくむくと背高になってきました。
今月下旬には、収穫が見込めそうです。


そら豆そら豆

これは、そら豆。
紫色の花が可憐ですね~。
こちらもとても楽しみ♪

コリンキー生食用かぼちゃ・コリンキー

あまりなじみのない方も多いとは思いますが、これはかぼちゃの一種です。
お漬物にしたり、サラダにして頂くのはもちろん、炒めても美味しいです!
収穫はもう少し後になりますが、順調に大きくなっている様子。


エシャレットエシャレット

西洋ラッキョウの一種。
昨年こんなものや、こんなレシピを記事にしていますが、シンプルにさっと湯がいて味噌をつけて
いただくのも美味しいですね。

ブロッコリーブロッコリー

無農薬にこだわっているので、こんな白いカバー(防虫ネット)をかけて育てています。
このカバーをつけて、ちょうちょ等の産卵や、虫の侵入を防ぎます。

防虫ネット
葉物類には防虫ネットをかけて

中には、キャベツやブロッコリーが。
早く大きくなーれ♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おかげさまで、実家の無農薬野菜のファンの方も口コミで少しずつ増えてきました♪
以前の記事は、こちらです⇒ 

実際に記事を見てご連絡を下さり、購入していただいた方からは、
「野菜がとっても力強くて新鮮」
「思ったよりもたくさんの量!」
「市場の野菜とはぜんぜん違う味の濃さにびっくり」

などなどの声を寄せていただいています。

生産者(父)にとって、愛情をたくさん注いで作った野菜をこんな風に喜んで頂ける事は
本当に嬉しく、もっと美味しくて安心な野菜を育てたいという励みになっています。

そして更に幸せなことは、野菜を食べてくださる方と直接やり取りができ、
良い面・悪い面のどちらも含めて率直な感想・お葉書・メールなどを頂けること。

お店やネットで、煩わしさを感じることなくほしいものをなんでも買える今の時代に、
田舎に住むアナログな父(!)とのやりとりは、少々面倒に感じる方もいらっしゃる
のでは・・・とも、思います。

でも、野菜に添えた手書きの手紙や、電話でのやりとり等に温かい気持ちになる、と
喜んでくださる方もたくさんいらっしゃって、私も幸せな気持ちをたくさん頂いています!

これからも、細々ですが、野菜のおすそ分けを続けていきたいと思っていますので、
宜しくお願いいたします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



※ちなみに、これまでおまかせセットは2種類でしたが、
これからの時期(~夏過ぎくらいまで)は冬の時期よりもより多種類のものを
お分けすることができそうです。
というわけで、送料込みで

①2500円・②3000円・③3500円

の、三種類から選べるようにしました。
お値段が上がるにつれて、量と種類が増える、とお考え下さいね。

おまかせセットについて更に詳しく知りたい方は、コメント欄から鍵コメで、
またはメールフォームよりご連絡くださいね。
こちらから折り返し詳細についてご連絡いたします。



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:4   trackback:0
[実家の無農薬野菜・おまかせセット
実家の無農薬野菜・春野菜編。と、自家製小松菜キムチ。
春の野菜その1

実家の無農薬野菜の定期便、だんだんと種類が豊富になってきました。
やはり春は、上へと伸びていく葉物が豊かに採れます♪

というわけで、これでもか!というくらい(笑)、包みをあけてもあけても
葉物がたーくさん。

春の野菜その2

青菜は、ざっと以下のとおりです。

青梗菜
小松菜
三つ葉
からし菜
菜の花
葉ねぎ

これに、

かぶと人参の葉

がついていました。

春の野菜その3

根菜系は、アピオス・ヤーコン・人参・かぶなど。

春の野菜その4

葉ねぎは、白と紫ねぎの二種です。
緑の部分はもちろん、下半分もおいしくいただきます♪

小松菜でキムチ漬け

葉物がとてもたくさんあったので、小松菜を使ってキムチ漬けを作りました。
前回同様、ベジタリアン仕様で!
自然の酸味と旨みが、美味しいです^^



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:0   trackback:0
[実家の無農薬野菜・おまかせセット
手前味噌作り。玄米味噌&麦味噌。
4月初め、ずっとやらなくちゃ~と思っていた味噌仕込みをしました。
本当は寒仕込み(1-3月位)の方が雑菌等が入り込む心配が少ないので良い
ようなのですが、麹と大豆があれば年中仕込みは可能です。

味噌作り・麹二種の塩切り

まずは生麹が届いたら早速塩切り。
手前が麦麹、奥が玄米麹。
触ってみると、麦のほうが塊や粒が大きく、玄米の方はさらりとしています。
今回は麹と豆は各一升ずつ。
それに対して塩切りの自然塩は600グラム。
100gは仕上げ用に残しました。
こうしておけば、常温で4-5日は保存可能。
味噌作りに取り掛かる間数日間リビングの隅に置いていたのですが、麹の
良い香りが漂って、ムスメ達、何度も蓋を開けては「米飴の香りだ~」と
くんくん。
本当に、生きている麹は良い香りです♪

味噌作り・大豆を煮る

たっぷりの水に一晩つけておいた大豆を煮ます。

朝から我が家の圧力鍋・土鍋・ステン鍋を三台フル回転×2・・・
早くそして柔らかく煮えるのはやはり圧力鍋が圧勝!でした。
なので結局他の鍋の大豆を圧力鍋に移し変えて煮なおしたりして。

味噌作り・足で大豆踏み

大豆を熱いうちに厚手のビニール袋に入れて、ムスメRと一緒に踏んで踏んで…
しっかり煮たつもりでも、中には固い豆が混じっていて、均一に潰すのに
苦労しました。

味噌作り・味噌玉投げ入れ

豆がつぶれたら、塩切りした麹と混ぜて、耳たぶほどの固さになるよう煮汁で
調節し、味噌玉を作り、かめの中に投げ入れます。

味噌作り・玄米味噌仕込み終了

仕上げに、残しておいた自然塩を上にふりかけて、仕込みは完了。
こちらは、麦味噌の方。
仕上がりは約5キロ。

ここまで、あさ7時からお昼近くまでかかりました。
朝ごはんの支度やら家事の合間にやったので、集中してやればもう少し時間短縮
できたかな。

麦味噌仕込み完了

こちらは玄米味噌。

これまでは実家で母と一緒に仕込んだことはあっても、自宅で仕込みをしたのは
初めてでした。
狭いマンション内に置き場を確保するのは難しいかも、と躊躇していましたが、
やってしまえばなんとかなるものです!

ちなみに、今回の麹は鈴木こうじ店で購入。
麹いろいろ揃っています!選ぶのも楽しい。

豆は、親戚から譲ってもらった無農薬大豆を使いました。
Mおばさん、おいしい大豆をいつもありがとう♪


二種類の味噌、夏過ぎの完成予定です。楽しみ♪
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:2   trackback:0
[自家製保存食など
クリーミーな、春色グリーンスープ。
クリーミーなグリーンスープ

こちらは、最近とっても気に入ってよく作っているスープ。

そのときにある青菜と、冷やご飯、だし汁か豆乳で、ササッと出来ちゃいます。
出来上がって味見すると、ご飯の中身(その時々で雑穀や豆を4~5種類入れています)
と青菜の種類によって、毎回微妙に色合いや味が違うのがまた楽しい♪

野菜は生のまま使うので、ざくざく刻んでミキサーに入れて。
とにかくすぐに出来上がるのが良いところ!
もちろん酵素もたっぷり摂れて、栄養満点です^^

これに生野菜のサラダか軽く蒸した野菜、それにパンなどをあわせて、
ロー率50~60%のランチが完成。

以前の昼ごはんといえば、玄米ご飯に火を通した常備菜と味噌汁などをあわせていて
生食は漬け物くらいでした。
それはそれで美味しいのですが、胃腸系の弱い私には、食後に胃が重たい感じが
残ります。

ローフードを意識しだしてから目標として食事全体の半分以上を生食にしています。
酵素のおかげで消化もスムーズになり、おなかはいっぱいだけれど胃は軽い感じ。
以前とは明らかに違うなぁという印象です。

というわけで、ちょうど昼前後にお昼寝をする下のムスメRの居ぬ間にこっそり?
こんなお一人様ランチを楽しんでいます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(1人分)

冷やご飯     軽く一膳分
好みの青菜    1.5~2カップ分
だし汁か豆乳   1カップ~
味噌       小さじ1
練り胡麻     小さじ1
自然塩・こしょう 少々

作り方

1.全ての材料をミキサーに入れてなめらかになるまでよく攪拌する。
 回りにくいようなら水分を少しずつ足す。
 仕上げに好みでこしょうや玄米フレークなどをトッピングしてできあがり。

ポイント

・温かいものが良い場合は、最初に冷やご飯とだし汁を小鍋に入れて軽く温めておき、
 40度くらいまで冷ましてから(青菜の酵素を生かすため)、他の材料と共に
 ミキサーにかけます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:1   trackback:0
[みそ汁・スープ
香り爽やか!かんきつ酵素が出来ました。
先日仕込んだ かんきつ酵素、無事に出来上がりました。

年末に仕込んだ「秋の酵素」は、まだ残っていますが、もうそろそろ飲むのも終わり
かなぁ。
春になると秋冬の服を片付けるのと一緒で、秋の酵素を摂るのはせいぜい四月~
五月上旬位まで、そろそろおしまいにするのがルールのようです。

とはいっても、まだ野草摘んで、酵素を仕込んで・・・という時間がなくて。

何しろ、ムスメSが小学校に上がり、入学式から駆け足で半月が過ぎていきましたが、
その間親子で新生活のリズムをつかむのに必死、更には懇談会やら個別面談等々あり
当面は忙しいのです~!

柑橘酵素・絞り終了

左のこしカスは、肥料にしたりお風呂に入れたりと、それはそれで用途があります。
我が家では、半分は入浴剤に、残りはFPで細かくして瓶詰め⇒ジャムに。
かんきつの皮がメインなので、そのまんまマーマレード!!です。

かんきつ酵素・瓶詰め

絞りあがった酵素液は、約二リットルになりました。
材料一キロにつき、絞り上がりは一リットル位です。

香り爽やかでちょっぴりほろ苦い、春らしい酵素液になりました♪

かんきつ酵素に入れる珊瑚

ちなみに、冷蔵庫保存が出来ない場合は、常温でどんどん発酵が進んで味が変わって
しまうため、珊瑚を煮沸消毒&天日干ししたものを液の中に入れておくと良いそうです。
ちょうど、家族で沖縄に行った時に持ち帰ったものが幾つかあったのでこれを利用しました。

これからしばらくは柑橘酵素のお世話になりますが、
ようやく暖かくなってきたので、ピクニック気分で早く野草摘みに行きたいなぁ♪


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:0   trackback:0
[ローフード
栄養満点・簡単・美味しい♪三拍子揃った、生トリュフ。
ローココアトリュフ

ローフードのスイーツで、最初に作ったのが、この生トリュフでした。
美味しくて栄養満点、しかも簡単にできるのでとても気に入っています。

柔らかめの仕上がりになるので、基本的に冷凍保存なのですが、その分
長期保存もできるので、まとめて作ってちょこちょこいただいています。

使用するナッツやドライフルーツは、家にあるもので何でもOK。
くるみやカシューナッツ&デーツやレーズンが基本的で味も癖がなく、無難な
仕上がりになるようです。
私はそのときにあるもので、どちらも二~三種類ずつ混ぜて作ることが
多いです。

固さ調節と味に変化を持たせるため、粉を加えます。
ローココアパウダーやキャロブパウダーならチョコ味に、きなこやごま・
リブレフラワー
なら和風のトリュフに。

外側にまぶしているのは、今回はココナッツファインですが、
中に混ぜ入れた粉を使えば見た目もいろいろになりますね。

さらにコクを出したい場合には、お好みのオイルを少量加えても。
ラム酒などを加えればさらに大人味に♪
いろいろバリエーションが楽しめます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(作りやすい分量)

○好みのナッツ類   1カップ 
※くるみ・カシューナッツ・ペカンナッツ・松の実等
○好みのドライフルーツ 1カップ
※レーズン・デーツ・アプリコット・いちぢく・プルーン・クコの実等
○好みの粉類      大さじ2~3くらい
※ローココア又はキャロブパウダー・ごま・きなこ・ココナッツパウダー等
○自然塩       ひとつまみ

《表面にまぶすもの》
上記の粉類の中からお好みで。

《トッピング》
松の実・クコの実・ココアニブなど。


作り方

1.ナッツ類は数時間~一晩浸水後、軽く水洗いして水気を切っておく。
 フードプロセッサーに○を入れ、全体がひとまとまりになるまで攪拌する。
 最初にナッツ・フルーツ・自然塩を入れて混ぜ、その後固さを見ながら
 粉を少しずつ加えて調節するとよいです。

2.粉類をしいたバットの上に1.をあけ、こなをまぶしながら好みの大きさに
 ちぎって丸める。
 粉を表面にまぶし、好みでトッピングする。
 冷蔵庫や冷凍庫で保存する。

ポイント

・私は歯応えがあるほうが好みなので、最初にナッツ類を少し取り分けておいて、
 全体が混ざった後に粗く砕いて混ぜ込みます。
 また、ココアニブがあれば入れると香り良く歯応えがさらに出て美味しいです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング、苦戦中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:6   trackback:0
[ローフード
柑橘酵素、仕込みました。
昨年末に仕込んだ「秋の酵素」、毎日美味しく飲んでいます。
そろそろ野草を摘んで「春の酵素」の仕込みもしたいなぁと思っているのですが、
関東では桜が散った後、4月半ば位~が良いそうです。

今回は、無農薬の夏みかんやレモン、その他減農薬のかんきつ類が手に入ったので
秋⇒春のつなぎとして、お楽しみ用に「柑橘酵素」を仕込むことにしました。

かんきつ酵素・材料

先回もお世話になった中山さんのところに問い合わせると、早速手作り酵素の
材料を送ってくださいました。
写真は、発酵助成剤・ケルプαと、海の精(出来上がった酵素液に入れる)。

前回の秋の酵素の仕込み量は20キロでしたが、今回は2キロだけ。
中山さん曰く、「春と秋の酵素が『優』としたら、その他の単品酵素は『可』
で、あくまでお楽しみ程度に作って飲むもの」だそう。

ただし、梅とブルーベリーの酵素は特定の効果が期待できるのでその限りではないとのこと。
(こちらもそれらの季節になったらぜひ作りたいなぁ。)


かんきつ酵素液の仕込み

さて、今回のかんきつ類は、

・夏みかん
・レモン
・清美オレンジ
・はるみ
・はるか
・ゴールデンオレンジ

の6種類。
いずれも無農薬もしくは低農薬で、皮ごと、種ごとカットして使います。

二キロだけなので、作業も早い早い~。

砂糖と混ぜて、最後に発酵助成剤をかけて、一時間足らずで仕込み完了。

ちなみに、砂糖はそのものを食べるのではなく、酵素の抽出、発酵、保存の
ために使うので、白砂糖の害はないとのこと。
発酵過程でブドウ糖・果糖になり、最終的にはブドウ糖に分解されるので、
酵素液を飲んだ際にも体への負担はありません。


およそ一週間、毎日素手でかき混ぜて、柑橘からエキスが抽出してきたら
漉します。

どんなお味の酵素になるかしら・・・楽しみです

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[ローフード
春にさわやか♪サクサクはっさくサラダ。
サクサク♪はっさくサラダ

ローフードを意識して取り入れるようになってから、毎食必ず最初にフルーツや
生野菜のサラダを頂くようにしています。

野菜・果物の酵素をまず体内に取り入れることで、後から入ってくる食べ物の消化を
助けてくれる=体内酵素の無駄使いを防ぐ、というわけです。

今回のレシピは、今の時期たくさん出回っているはっさくと、レタスやキャベツ、
青梗菜、小松菜など季節の青菜を使った簡単サラダ。

ナッツのトッピングと同じくらい気に入っているのが、穀物パフのトッピング。
今回は玄米フレークをかけました。
ちなみに私が使っているのはこちら。⇒ 
サラダ用には、味の付いていない無加糖のものがベストですね。

もちろん、コーンフレークや、その他のフレーク等お好みのもので美味しく
いただけます。

このサクサクの食感があると、生野菜がちょっと苦手なムスメ達も、最後まで
飽きずに楽しく食べられるみたいです。

ちなみに、我が家では、モルトパフ(小麦粉)やお米のパフ
カムットパフ(カムット粉)、ひえコロコロ(ひえパフ)などを買い揃えて、その日の
気分で変えています。
また、玄米ポンセンを砕いてトッピングしても美味しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(1~2人分)

好みの青菜  2カップ~ ※キャベツ・レタス・小松菜等季節のもの。
(食べやすく切った状態で) 
はっさく   1/2個

○オリーブ油 小さじ1
○しょう油  小さじ1
○自然塩・こしょう 好みで適量

玄米フレーク  好きなだけ
        
作り方

1.野菜は食べやすく切り、はっさくは房から出しておく。
 野菜・はっさくをボウルに入れて○を加えて混ぜ、しんなりするまで
 しばらく置く。

2.皿に1.を盛り、上に玄米フレークを散らし、好みで塩・こしょうを振る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はいよいよ、ムスメの入学式。
これから家族で行ってまいります♪
・・・って、あいにくの雨模様、すーごく寒いです~。

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:2   trackback:0
[サラダいろいろ
ある夜、机の上に・・・ムスメからの手紙。
ある夜寝る前に、ムスメSがせっせと何かこしらえていました。
横目で見つつ、声をかけずにあえて知らん振りしていると、
「Sちゃんが寝たら、机の上を見てね」と言い残して眠りについたS。



さて早速机を見てみると・・・



Sからの手紙2

四折りの折り紙が四枚。
「あけてね。」の文字の通り、一枚ずつ開いてみてみると・・・



Sからの手紙3

それぞれの折り紙には
「てれび(の上)をみてね」
「たんすをみてね」
「Sちゃんがいちばんすきなえほんをみてね」
「ぴあの(の上)をみてね」
とありました。


で、それぞれの場所に行ってみると、こんなもの達が。



Sからの手紙1


折り紙で作ったもの、いろいろ。


ムスメ達が寝静まった後のほっと一息タイムに、思いがけずSからの楽しい
プレゼント。
あちこちから集めてきた折り紙達を前に、しーんとした部屋の中で1人、
思わずくすっと笑いながら、私が子供のころ大好きだった この絵本を思い出しました。

この本の内容の様に複雑ではないけれど、女の子ってこういうのが好きなのかしら。
ちなみにSはまだこの絵本を読んだことがないはず。
今度買ってきて、Sと一緒に読もう!と思ったのでした。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[出来事あれこれ
長いもとひじきのきつね焼き弁当。
ムスメSの幼稚園のお弁当は無事終了しましたが、撮りためたお弁当の写真がまだ
結構あります。
そんなわけで、今日もお弁当記事です。

長いものお揚げコロッケ弁当

黒米&黒豆&小豆ご飯・三分搗き米
黒食材の効果できれいな紫色のご飯。
こういう渋~い色合いのご飯、個人的にかなり好みなのです。

長いもとひじきのきつね焼き
おろした長いもに、ひじき・細切り人参・ねぎ・セイタンを加えて味噌で
かるく味付け。
そこへ粉(今回は上新粉)を入れてまとめたものを油抜きした油揚げに
詰めて平らにならして焼きました。

つぶし里芋のほっくり塩サラダ
こちらのレシピですが、今回はきゅうりがなかったので人参を入れました。
里芋のねばりがきいてます。
あえて塩のみで味付けするほうが、里芋の甘みが味わえて美味しい!と思います。

今シーズン最後の焼き芋
じいじ特製・実家の焼き芋はもう在庫がなくなってしまいましたが、冷凍保存して
おいたものがまだ少しありました!
あと一品足りなくて、隙間に詰めてみました。



…ここで、今回のお弁当が お芋づくし だということにハッと気づきました
お芋祭り、穀物祭りのお弁当は、ちょっと(かなり?)バランス悪いですね~。
でも、お芋大好きなSは喜んでたからまあ良しとしましょう・・・

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:1   trackback:0
[幼稚園弁当・お花見弁当など
ヘルシー!甘酒いちごクリームで、ミニパフェ。
いちごのミニミニパフェ

今が旬のいちごを使って、ヘルシーなクリームパフェを作りました。

クリームといえば、マクロビオティックでは豆腐を使うのが定番ですが、
最近眺めているローフードのレシピには、アボカドがよく出てきます。

これまではアボカドをお店で目にしても、地産池消に反するし、南国のフルーツは
冷えるから・・・と素通りしていたのですが、マクロビに加えてローフードを
取り入れるようになってから、あまりこだわらずに、食べたいなと思った時には
頂くようになりました。
久しぶりに食べてみると、「森のバター」といわれるだけあって、やっぱり
美味しい!と素直に感じました。

しかもただ美味しいだけではなくナチュラルハイジーンの第一人者・
松田麻美子先生曰く、超優良健康食品だそうです!
↓↓↓
アボカドの栄養価についてこちらの本より抜粋)

豊富なビタミン・ミネラル・食物繊維の宝庫で、必須アミノ酸全てを含む
18種類のアミノ酸を含有するすばらしいタンパク源。
カロリーあたりのたんぱく質量はステーキの約二倍、アルカリ形成食品なので
ステーキ(酸性)の様に骨からカルシウムを奪っていくことがない。
カロリーの九割が脂肪であるにも関わらすコレステロール値はゼロ、不飽和脂肪酸が
7~8割で、更にオメガ3,6,9脂肪酸も含有。


こんなにいいことづくめなら、食べなくちゃ損、という気持ちになりますね~。
ちなみに私は、わさびしょう油で海苔巻き、が最近の大定番。
かなりはまっています。

・・・と、話がそれましたが、このパフェは、ローのアボカドクリームのレシピを
参考に、私らしく?甘酒をプラス

アボカド&いちごだけでも美味しいですが、甘酒を加えると更に甘さに奥行きが
出て、コクもアップしますね!
パフェに仕立てるときには、ヨーグルトと半々にするとさわやかです。
トッピングは自由に、お好みでよいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(2人分)

《甘酒いちごクリーム》
アボカド   1個 ※熟したもの
いちご    1カップ
甘酒     1/2カップ
※無加糖・濃縮タイプのもの。私は自家製のもの使用。
レモン汁   1/2個分

豆乳100%!放りっぱなしヨーグルト  1カップ   
※なければ市販の植物性ヨーグルトや、豆腐クリームでも。

《トッピング》
いちご       6粒
玄米フレーク    大さじ2
好みのナッツ類   小さじ2
シナモンパウダー等 適量 

作り方

1.《甘酒いちごクリーム》を作る。縦半分にカットしてタネを除き中身を
くりぬいたアボカドと、残り全ての材料をミキサーに入れて、クリーム状に
なるまでよく混ぜる。

2.お皿やグラスに、1.とヨーグルトを半分ずつのせ、その上に《トッピング》の
材料を飾る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキング、苦戦中。。。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:4   trackback:0
[甘酒レシピ
スチームブレッドで、サンドイッチ弁当。
先週卒園したムスメS。
その前の週は、お弁当最終日。
「中身は何がいい?」と聞くと、サンドイッチがいい!」と即答。
しかも、「みんなみたいに白いパンが良いの」だそうな。

確かに、市販のサンドイッチ用パンてまっ白だものね。
しかもふかふか。
我が家で焼くパンやソーダブレッド等は全粒粉や玄米粉、雑穀粉がたっぷりなので
茶色いし食感もしっかりあって、市販のものとは程遠いということにようやく
最近気づき始めたようです。

久しぶりに白神こだま酵母でパンを焼くという手もあったのですが、
上記の会話はすでに前の晩遅くのことでした。

というわけで、すぐできるクイックブレッドに決定。
白いパン=精白粉オンリー=エンプティカロリーなので普段は避けていますが、
お弁当最後だし、がんばって?白い粉だけで作ろうじゃないの。

で、出来上がったお弁当がこちら。
見た目はやっぱり、市販のパンとは程遠い。苦笑。
でも、彼女はこれで満足してくれたみたいです。ホッ。
↓↓↓

サンドイッチ弁当・豆乳スチームブレッド使用

スチームブレッドサンド・三種
パンは、スチームブレッド(蒸しパン)にしました。
オーブンで焼くよりも簡単で、もちもちとした食感が大好きなので、温め直す
時も含めて、いつも蒸すことの方が多いです。

中身は左から順に

ベジローフ
Cpicon 根菜みじんの塩蒸しをベースに、お豆腐やナッツ類、オーツ、きのこ等等色々入っています。
友人とお家でランチするときや、持ち寄りの際よく作ります。
先日お友達の家へ持っていった時には、「何これ?!お肉みたい!!」と驚かれました。
詳しいレシピをそのうちアップしたいと思っているのですが、いつも写真を撮る
前になくなってしまうのです
また、大量に作ってカット⇒冷凍保存しておくと、あと一品足りないときなど
さっと温めなおして出せるので便利です。

・トマトジャム&ピーナッツバター、クランチタイプ
ジャムは昨夏実家のトマトを大量に収穫した際に作った、自家製のもの。
トマト自体がものすごく甘い!ので、仕上げに少量のはちみつを加えただけ。
ピーナッツバターはアリサンのもの。塩も砂糖も何にも入っていないのに、こちらも
甘くて濃厚で、食べるたびにびっくりします。
でもこれももうすぐなくなってしまうので、そうしたらこちらで購入した
別のメーカー(Arowhead Mills)のバターを開封する予定。楽しみ♪
ちなみに こんなレシピにもピーナッツバターは大活躍。

花豆のスプレッド&人参
このスプレッドは簡単で、良質のたんぱく質が摂れるので重宝しています。
サラダのトッピング、クラッカーなどにのせてこどもおやつにも。、
人参はピーラーで細くしたものに、塩をさっと振ってしんなりさせました。
彩りに。

つけあわせ色々
リンケッツ・ブロッコリーとさつま芋のむしたもの。


こちらは、サンドイッチのもととなったパン。
型はたいていパウンドケーキ型を使用しています。
スライスしたときちょうどお弁当サイズで便利。
いつも重曹を使っていますが、より「ふかふかしたパン」をイメージして
今回は縦に膨らむBPを使用しました。

サンドイッチ用・豆乳スチームブレッド

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
材料(パウンドケーキ型一台分)

《粉類》
地粉  140g
上新粉 60g
自然塩 ひとつまみ
BP   小さじ1.5

《液体類》
豆乳        1カップ~ ※水でも代用可。
⇒粉の水分量&天候によりずいぶん違ってきます。
少しずつ足していき、固めのホットケーキ生地を目安に調節しています。

メープルシロップ  小さじ2
なたね油      小さじ1~2   ※なくても可。入れると翌日もしっとりです。

作り方
1.《粉類》をボウルに入れて泡だて器でぐるぐると混ぜ合わせる。
そこへ《液体類》を加え、ゴムベラ等でさっくりと混ぜ、型に流す。

2.蒸気の上がった蒸し器に入れて、強火で30~40分ほど蒸す。
型から出して感想をふせぐためラップなどをかけておき、冷めたら好みの
厚さにスライスする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなサンドイッチ弁当もあり?!と
思ってくださった方・・・応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

Posted by beanpaste
comment:3   trackback:0
[幼稚園弁当・お花見弁当など
お料理バトン!回ってきました。
連休があけましたが、卒園したムスメSの入学準備などに追われる一週間に
なりそうな予感です。。。

さて、ついに私のところにも「お料理バトン」回って
きちゃいました。
というわけで、お時間がある方はぜひどうぞ♪


①料理を始めたのはいつ?

記憶があいまいなのですが・・・確か、小学校中~高学年のころかな?


②お料理を始めたきっかけは?

母のおやつ作りを手伝うようになったことだと思います。
母は料理関係の仕事をしていたので、以前から何でも作る人でした。
それでおやつも手作りのものを用意していてくれることが多く、一緒に
お菓子作りをしたくて始めたのが最初だと思います。


③お料理をして良かった事は?

自分の食べたいものを食べたいときに好みの味で適量作れること。
当たり前のことですけど・・・

外出先でいただく食事や、お店で買う惣菜など、見た目は華やかだったり
美味しそうでつい買ってしまうこともありますが、値段に見合わなかったり、
口に合わなかったりして失望することも結構あります。
でも娘達が産まれて、彼女達に安心安全なものを食べさせたいと思い
たいていのものを家で作るようになってからは、
そういったストレスは減りました。
外食や中食のお手軽さも魅力的ではありますが、自分で作る場合はその過程も
楽しめるというのも良いです♪


④お料理をして悪かった事は?

うーん、これもあれもと作りたくなって、ついつい食べ過ぎになってしまう
ので困ってます。笑。
というわけで、最近おやつなどもムスメ達の分以外はなるべく余分に作らないように
しているのです。(だってあると食べてしまうんですもの~)

今は季節の変わり目ということもあり、体調管理優先!と割り切っていることと、
酵素食のこともあれこれ勉強したい時期なので、ブログ更新(レシピUP)の頻度も
以前より低めですが。。。どうか長い目で見守ってくださいね~。



⑤自分の腕を思う存分ほめてください!

難しいですねー!
料理を面倒に思わず楽しめることは褒められる点かな?と思います。
これからも色々学びつつ、料理の腕も少しずつ上がっていけばよいなぁ
と思っています。
お料理は作る人の気持ちが入るものなので、ゆったりのんびり楽しく
いきたいな♪ 


⑥自分は料理に向いてると思う?

どちらとも言えない・・・かなぁ?

お菓子やパンなどはきちんと計量する必要がある(場合が多い)のにも関わらす、
粉など入れすぎてしまった場合にも「水分足せばいいわ」などとやっているうちに
どんどん元レシピから遠ざかってしまうこともしばしば・・・

その点、分量ざっくりでOKなお惣菜系は逆に得意?!
調味料を足したり材料を増やしていくうちに新しい味発見!ということもあって
楽しいなぁと。
単に性格が大雑把なのですね~。


⑦主に何を作ってる?

マクロビオティックなどをメインに、野菜料理中心に作っています。
調理法はなるべくシンプルに、旬の野菜の味を損なわないように美味しく食べられると
良いなぁと思いながら作っています。
最近は酵素食・ローフードを取り入れているので、ますます調理法がシンプルに
(切るだけ、混ぜるだけ、火を通さないでそのまま・・・)なっていますが、
そのほうが野菜の味そのままを味わえることに今更気づきました。
本当に野菜っておいしいなぁ!とその嬉しさを感じています。


⑧あなたの料理に欠かせないものは?

・自然塩・味噌・しょう油。
⇒全ての調理の基本なので、一応こだわって選んでいます。
各々数種類取り揃えて使い分けています。

・シリット社の圧力鍋。
⇒玄米や豆を炊くのに欠かせません。

・土鍋。
⇒小さいものはちょっとした煮物作りに。また、ご飯炊き用には
「あまぐり君」が大活躍。ほんとーに美味しく炊けます!

・お料理を楽しむ気持ち
⇒ムスメ達をしかりながら作るときのお料理は、やはり美味しくないし
作っていても楽しくないもの。
というわけで、なるべく穏やかな気持ちで作りたいと思っています。
が、時間がない・余裕がないと、なかなか難しいものですね・・・


⑨ズバリ、あなたにとって料理とは?

"You are what you eat."という格言そのものだと思います。

一家の健康は主婦の私が守るという気持ち(大げさ?)が基本です。
家族の体調を見ながらそれに合わせて食事を作ることを日々考えています。

マクロを通じて、台所で出来る簡単なお手当て方法もたくさんあることを
知りました。
そのおかげで家族は実験台?!になることがしばしばですが、以前薬に
頼っていたころよりも効果が感じられることも多々あるんですよね。
そういうことを身をもって実感できて、とても良かったなぁと思っています!


⑩次にまわすお料理上手3人を!

めいふぁんちゃん・ エルモちゃん えららんさん

どの方も素敵なお料理を作っていらして尊敬しています!
もしよければ受け取って下さいね~^^


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


Posted by beanpaste
comment:2   trackback:0
[食についてのつぶやきあれこれ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。